こころの病気 疾患

こころの病気 疾患

病気と症状ひと口メモ  
 病気と症状ひと口メモ トップページ > こころの病気 疾患
 この「病気と症状ひと口メモ」では、約400種類ほどの病気(疾患)とその症状について、コンパクトにまとめ記述しています。
また、もう少し詳しい内容をお探しの方には、それぞれの文末に「>>もっと詳しく>>」というテキストを貼り付けておりますので、
そちらをクリックして頂ければ、姉妹サイトの「病気と症状いろいろナビ」のページが、別ウインドウで開き、内容がご確認できるよう
になっています。

こころの病気〜「疾患 (しっかん)」〜「病気と症状ひと口メモ」

abc

スポンサードリンク

こころの病気〜「疾患」

あるこーるいぞんしょう
アルコール依存症
しょうこうせいてんかん
症候性てんかん
しんけいしょう
神経症
しんけいせいしょくよくふしんしょう
神経性食欲不振症
てんかん
てんかん
ひすてりー
ヒステリー
ふあんしんけいしょう
不安神経症


スポンサードリンク

zzz

【アルコール依存症とは】
アルコール依存症とは、長期にわたって習慣的に酒を飲用しているうちに、やめようとしてもやめられなくなり、やがて何らかの身体的・社会的障害を生じる状態をいいます。これは、体質的にアルコール依存症になりやすい人、つまり、悪酔いのもとであるアセトアルデヒドをすみやかに分解する酵素をもっている人で、飲酒の機会が多く、それにともなって酒量が増え、加えて性格的なもの、あるいは、家庭や職場でのストレスからのアルコールへの逃避などが原因となって起こると考えられています。
※ アルコール依存症(慢性アルコール中毒)の最も効果的な治療法は断酒です。
>>もっと詳しく>>
【症 状】
 手のふるえ、幻覚、イライラ、不眠、発汗、寝汗、吐き気、顔面・鼻の毛細血管の拡張、
 性的能力の低下、精神的・道徳的退廃
【初診に適した科】
 内科/精神科

---------------------------------------------------------------------------

【症候性てんかんとは】
症候性てんかんとは、なにか特定の病気があって、そのために症状としてのてんかんが起こるものをいいます。原因となる病気には、脳腫瘍、脳梗塞、脳出血、脳静脈血栓、脳動脈瘤、硬膜下血瘍、脳動脈奇形脳外傷後、糖尿病や低血糖、ビタミンB6欠乏症、低カルシウム血症、尿毒症、心筋梗塞、出血性ショック、肺梗塞、起立性低血圧、肺炎、脳炎、
脳膿瘍、寄生虫病、多発性硬化症、結節硬化症、先天性形成異常、薬物中毒、アルコール中毒など。
※ てんかんは、発作がくり返し起こる脳の病気。
>>もっと詳しく>>
【症 状】
 意識を失う、全身の痙攣・硬直、顔面が青白くなる、一点を見つめる、白眼
【初診に適した科】
 脳神経外科/神経科/精神科

---------------------------------------------------------------------------

【神経症とは】
神経症とは、心理的な原因で起こる心因性の精神障害のことをいい、その症状によって
不安神経症、ヒステリー、強迫神経症、抑うつ神経症、心気神経症、神経衰弱、離人神経症、恐怖症などに分類されます。これらは、いずれも不安感を基調とした症状がみられるのが特徴です。
>>もっと詳しく>>
【症 状】
 不安感、不安発作、めまい、動悸、冷や汗、手足のしびれ、呼吸困難、失禁、下痢、失神
 発作、運動麻痺、失声、痙攣、焦燥感、発汗、不眠、食欲不振、便秘、頭痛、ふるえ、
 全身の倦怠感、抑うつ感、対人恐怖、高所恐怖、広場恐怖、閉所恐怖、乗り物恐怖
【初診に適した科】
 神経内科/精神科

---------------------------------------------------------------------------

【神経性食欲不振症とは】
神経性食欲不振症とは、原因となる身体の病気やこころの障害がないにもかかわらず、
痩せたいと思うあまりに食事を拒否したり、食欲を抑えたりなど、食行動の異常がみられる病気。
※ 神経性食欲不振症は、痩せ願望による摂食がみられることから、「拒食症」ともよばれ
  ます。また、思春期に多くみられることから「思春期やせ症」とよばれることもあります。
>>もっと詳しく>>
【症 状】
 食べ物への嫌悪、痩せ、無月経、低体温、低血圧
【初診に適した科】
 精神科

---------------------------------------------------------------------------

【てんかんとは】
てんかんとは、突然の発作によって気を失い、倒れて痙攣やひきつけを起こすというもの。発作は長いもので2〜3分、短いものでは数秒で消失します。このてんかんには、頭部外傷や脳腫瘍などの病気、あるいは薬物中毒などの疾患が原因で症状があらわれる「症状てんかん」、原因となる病気が何もみつからないのに起こる「真性てんかん」があります。
>>もっと詳しく>>
【症 状】
 意識消失、痙攣、ひきつけ、知能障害、性格変化
【初診に適した科】
 神経内科/脳神経外科/精神科/小児科

---------------------------------------------------------------------------

【ヒステリーとは】
ヒステリーとは、心の歪みや葛藤が、人前(他人の目にふれるところ)で突然、身体症状や精神症状としてあらわれるものをいい、人によくみられたいという自己顕示欲や虚栄心が強い性格の人ほど、かかりやすいといわれています。
>>もっと詳しく>>
【症 状】
 視力障害、難聴、失声、痙攣、運動麻痺、健忘、認知症状
【初診に適した科】
 精神科

---------------------------------------------------------------------------

【不安神経症とは】
不安神経症とは、身体的異常がまったくみあたらず、また不安になる原因もはっきりしないのに、あるとき、突然に不安感をおぼえ、そのため、激しい動悸や息苦しさにおそわれたり、手足が冷たく感じられたりして、このまま死ぬのではないかという恐怖や苦しみが起こる状態。
※ 不安神経症を起こす人の多くは、まじめで、素直で、温和なという性格をもっています。
  また、非攻撃的で、病気や死、危険、暴力などに対して、過敏に反応する人がかかりや
  すいともいわれています。
>>もっと詳しく>>
【症 状】
 動悸、息苦しさ、手足のしびれ・冷感、冷や汗、失禁、下痢、失神
【初診に適した科】
 精神科
def

メニュー
こころの病気 脳・神経の病気 脳血管系の病気
血液の病気 血管・リンパ管の病気 甲状腺・副甲状腺の病気
ホルモン・代謝系の病気 心臓・心筋の病気 肝臓の病気
胆道・胆嚢・膵臓の病気 腎臓・泌尿器の病気 気道・肺・胸郭の病気
食道・胃・十二指腸の病気 小腸・大腸・虫垂・肛門の病気 男性性器の病気
女性の病気 妊娠・妊娠にともなう病気 アレルギーの病気
膠原病・免疫系の病気 皮膚・髪の病気 骨・関節・筋肉・腱の病気
目の病気 耳・平衡器官の病気 鼻・咽喉の病気
歯・口腔の病気 感染症・寄生虫病   【索 引】

          [PR] ---
ghi
【ご注意】
 このサイトをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ 当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
A 万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
C 当サイトの情報を利用した結果生じる損害、不都合、不利益については、当方はその責任を一切負いません。

Copyright (C) 病気と症状ひと口メモ All Rights Reserved