皮膚と皮膚付属器の病気について

皮膚と皮膚付属器の仕組みと働き、病気について解説しております。

皮膚と皮膚付属器の病気ナビ
  皮膚と皮膚付属器の病気ナビ TOP >
 皮膚と皮膚付属器の病気ナビでは、皮膚と皮膚付属器の病気ナビでは、表皮、真皮、皮下組織の三層から構成された皮膚の仕組みと働きや、皮膚付属器(毛包、脂腺、アポクリン腺、エクリン腺、爪)の仕組みと働きについてそれぞれ解説しております。また、皮膚の病気や皮膚付属器の病気についても、その概要や原因、症状、治療などを中心に、要点を整理してまとめております。

皮膚と皮膚付属器の病気ナビ〜皮膚と皮膚付属器の仕組みと働き、病気について〜

皮膚(表皮、真皮、皮下組織)、皮膚付属器(毛包、脂腺、アポクリン腺、エクリン腺、爪)
abc

スポンサードリンク

ま え が き
 表皮は、皮膚のもっとも表面にある部分で、外部の有害なものに対して、一種のバリアーである角層を形成しています。

ところが、何らかの要因で角質層が壊されると、外からの刺激に対する防備が弱くなり、さまざまな皮膚病の原因となります。

また、皮膚の表面には、角化する細胞のほかにも、別の機能をもった細胞が存在しています。 メラニン細胞です。

このメラニン細胞は、皮膚の色を濃くして、紫外線からからだを守るという、とても大事な働きをしています。

さらに、皮膚の付属器の一つである爪には、手足の指先に力を加えたり、上手に歩いたりすることができるように、指先を保護するという役目がある同時に、

爪の下部には毛細血管が集中しているので、例えば、からだが貧血状態のときは爪の血色が悪くなり青白くみえてきますし、また肝硬変や一型糖尿病、慢性腎炎などの全身的な病気においては、白斑があらわれることもあります。

このように皮膚や皮膚の付属器には、からだにとって、とても大事な役目や働き、機能があります。

この皮膚と皮膚付属器の病気ナビでは、このような皮膚や皮膚付属器の仕組みと働き、また皮膚や皮膚付属器の病気について、それぞれ要点を整理してまとめておりますので、ぜひ皆様の健康管理にご活用していただければと思います。

def
ー スポンサードリンク −
 
皮膚の
仕組みと働き
 
皮膚とは?
 
 皮膚の表面について
 
 皮膚の構造について
 
 
皮膚付属器の
仕組みと働き
 
皮膚付属器とは?
 
毛包とは?
 
体毛とは?
 
脂腺とは?
 
アポクリン腺とは?
 
エクリン腺とは?
 
爪とは?
 
 
病 気
 
皮膚の病気
 
 皮膚付属器の病気
 
 
 【補足ページ】
 
 


ghi
【索 引】

皮膚の病気

            ひふのびょうきとは?
       皮膚の病気とは?
            しっしん
       湿 疹
            かへいじょうしっしん
       貨幣状湿疹
            せっしょくせいひふえん
       接触性皮膚炎
            じんましん
       蕁麻疹
            あとぴーせいひふえん
       アトピー性皮膚炎
            しゅふしっしん
       主婦湿疹
            へんぺいたいせん
       扁平苔癬
            もうこうせいたいせん
       毛孔性苔癬
            びだーるたいせん
       ビダール苔癬
            ひふそうようしょう
       皮膚掻痒症
            たけいしんしゅつせいこうはん
       多形滲出性紅斑
            こうひしょう
       紅皮症
            ひやけ
       日焼け
            こうせんかびんしょう
       光線過敏症
            しょうせきのうほうしょう
       掌蹠膿疱症
            しろうせいひふえん
       脂漏性皮膚炎
            しゅさよう ひふえん
       酒さ様皮膚炎
            こういひふえん
       口囲皮膚炎
            てんぽうそう
       天疱瘡
      るいてんぽうそう すいほうせいるいてんぽうそう
    類天疱瘡 水疱性類天疱瘡
            ぎょりんせん
       魚鱗癬
           かんせん じんじょうせいかんせん
       乾癬 尋常性乾癬
            しはん
       紫 斑
            じゃくらんはん
       雀卵斑 そばかす
            かんぱん
       肝 斑
            けっかんきけい
       血管奇形
            けっかんしゅ
       血管腫
            ぼはん
       母 斑
            じんじょうせいはくはん
       尋常性白斑
            じょしがんめんこくひしょう
       女子顔面黒皮症
            しぼうしゅ
       脂肪腫
            ひふあみろいどーしす
       皮膚アミロイドーシス
            がんぐりおん
       ガングリオン
            えきしゅうしょう
       腋臭症 わきが
            かんしん
       汗疹 あせも
            せつ よう
       せつ よう おでき
            たんどく
       丹 毒
            ざそう
       ざ瘡 にきび
            けいがん
       鶏眼 うおのめ
            たこ
       胼 胝
            かいすいよくひふえん
       海水浴皮膚炎
            くらげししょう
       クラゲ刺傷
            ちゅうししょう
       虫刺症 虫刺され
            かいせん
       疥 癬
            けじらみしょう
       毛じらみ症
            ひふけっかく
       皮膚結核
            はくせん
       白 癬
            かんじだしょう
       カンジダ症
            たんじゅんほうしん
       単純疱疹 ヘルペス
            たいじょうほうしん
       帯状疱疹
            いぼ
       い ぼ
            でんせんせいこうはん
       伝染性紅斑
            ばいどく
       梅 毒
            はんせんびょう
       ハンセン病
            やくしん
       薬 疹
            ねっしょう
       熱傷 やけど
            けろいど ひこうせいはんこん
       ケロイド 肥厚性瘢痕
            ほうしゃせんひふえん
       放射線皮膚炎
            でんげきしょう
       電撃傷
            とうしょう
       凍 傷
            じゃくそう
       褥瘡 床ずれ

皮膚付属器の病気

         ひふふぞくきのびょうきとは?
     皮膚付属器の病気とは?
            えんけいだつもうしょう
       円形脱毛症
            だんせいがただつもうしょう
       男性型脱毛症
            いろいろなだつもうしょう
       いろいろな脱毛症 ※1
            たもうしょう
       多毛症
            ふけしょう
       ふけ症
            つめのいじょう/びょうき
       爪の異常/病気  ※2
            たかんしょう
       多汗症
            むかんしょう/ぼうかんしょう
       無汗症/乏汗症
            しゅうかんしょう
       臭汗症
            しきかんしょう
       色汗症
 ※1 いろいろな脱毛症には、粃糠性脱毛症、乳児の脱毛症、新生児の脱毛症、休止期脱毛状態、薬物による脱毛症、外傷性脱毛症、先天性脱毛症があります。
 ※2 爪の異常/病気には、爪甲剥離症、時計ガラス爪、匙形爪甲、爪囲炎、陥入爪があります。

【補足ページ】

 
 ・ いろいろな発疹(ほっしん)
 ・ 湿疹(しっしん → 皮膚炎)に気付いたら
 ・ 接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)を起こす原因物質
 ・ アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)で、ふだん気をつけたいこと
 ・ 主婦湿疹(しゅふしっしん)で、ふだん気をつけたいこと
 ・ 老人性皮膚掻痒症(ろうじんせいひふそうようしょう)で、ふだん気をつけたいこと
 ・ 紫外線(しがいせん)による皮膚への影響について
 ・ 上手な日焼け(じょうずなひやけ)と対策について
 ・ 光線過敏(こうせんかびん)がみられる疾患にあらわれる症状
 ・ ステロイド外用薬(すてろいどがいようやく)の副作用について
 ・ 関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん)、膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん)、滴状乾癬(てきじょうかんせん)について
 ・ 血管奇形(けっかんきけい)と血管腫(けっかんしゅ)の違いについて
 ・ 水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)、紅色汗疹(こうしょくかんしん)、深在性汗疹(しんざいせいかんしん)とは?
 ・ 汗疹(かんしん)の予防と対策について
 ・ ざ瘡(ざそう)ができるまでの流れ
 ・ 蚊(か)について  ・ ヌカカについて  ・ ダニについて  ・ シラミについて  ・ トコジラミについて
 ・ ノミについて  ・ ブユについて  ・ アブについて  ・ 蜂(はち)について  ・ ツツガムシについて
 ・ ヒゼンダニの特性について
 ・ 皮膚初感染病巣(ひふしょかんせんびょうそう)、尋常性狼瘡(じんじょうせいろうそう)、皮膚腺病(ひふせんびょう)、
   皮膚疣状結核(ひふゆうじょうけっかく)とは?
 ・ 腺病性苔癬(せんびょうせいたいせん)、壊疽性丘疹状結核疹(えそせいきゅうしんじょうけっかくしん)、
   ザン硬結性紅斑(ばざんこうけつせいこうはん)とは?
 ・ 頭部白癬(とうぶはくせん)とは?  ・ 体部白癬(たいぶはくせん)とは?  ・ 股部白癬(こぶはくせん)とは?
 ・ 爪白癬(つめはくせん)とは?  ・ 手白癬(てはくせん)とは?  ・ 足白癬(あしはくせん)とは?
 ・ 皮膚カンジダ症(ひふかんじだしょう)、口腔カンジダ症(こうくうかんじだしょう)、性器カンジダ症(せいきかんじだしょう)、
   慢性皮膚粘膜カンジダ症(まんせいひふねんまくかんじだしょう)、カンジダ性肉芽腫(かんじだせいにくがしゅ)とは?
 ・ 口唇ヘルペス(こうしんへるぺす)、ヘルペス性歯肉口内炎(へるぺすせいしにくこうないえん)、
   顔面ヘルペス(がんめんへるぺす)、ヘルペス性ひょう疽(へるぺすせいひょうそ)、性器ヘルペス(せいきへるぺす)、
   カポジ水痘様発疹症(かぽじすいとうようほっしんしょう)とは?
 ・ 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、ミルメシア(みるめしあ)、青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)、
   尖圭コンジローマ(せんけいこんじろーま)とは?
 ・ 梅毒(ばいどく)でみられる第1期〜第4期の症状について
 ・ 熱傷(ねっしょう)の深さによる症状について
 ・ 体表面積を大まかに計測する方法について
 ・ 円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)の症状による分類
 




jkl
リンク集
※ 医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談して下さい。
  免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
  万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
  あらかじめご了承下さい。これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用下さいませ。

          [PR] ジーンズ色いろ 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 栄養管理&食品 病気とからだナビ 暮し生活のアイディア
              病気と症状いろいろナビ 病気と症状ひと口メモ 呼吸器の病気ナビ 妊娠@ガイドブック 運動器の病気ナビ
Copyright (C) 皮膚と皮膚付属器の病気ナビ All Rights Reserved