肝硬変

肝硬変

    病気とからだナビ     
 病気とからだナビ トップページ > 腹部の病気 > 肝硬変
 病気にかかってはじめて、「あー、あの時に気をつけていればよかった!」なんてことを、事あるごとに思ったりしますが、そんなことに
ならないようにするためには、からだの仕組みや働きなどの知識を豊かにして、病気の成り立ちをよく理解することがまず肝要なことでは
ないでしょうか。この「病気とからだナビ」では、からだのことを少しでも知っておくと同時に、病気にはどんなものがあるのか、その症状は
どのようなものなのかを知識として利用できるように整理しています。病気にならないようにすることが一番、そして仮に病気にかかったとしても、すばやい対応ができるように、日ごろから病気とからだについて、頭の中で整理しておくことが重要だろうと思います。

肝硬変(かんこうへん)

abc
ー スポンサードリンク −

肝硬変とは
 慢性肝障害が長い間持続すると肝細胞が破壊されていきますが、かわりに線維状の組織が増殖して肝臓が硬化し、肝臓の表面に大小の結節(瘤)があらわれてきます。これが肝硬変です。

原因としては、肝炎ウイルス、アルコール過剰摂取、低栄養などが挙げられますが、多くは肝炎ウイルスにかかわるものです。

なお肝硬変は、肝臓の働きがどの程度保たれているかによって、代償性肝硬変と非代償性肝硬変に分けられます。

代償性肝硬変は、破壊された肝細胞の働きを、ほかの肝細胞が代償して肝臓の機能を保つというもので、非代償性肝硬変に進行する前の状態です。

非代償性肝硬変は、肝細胞の多くが破壊され、残された正常肝細胞では、必要な肝臓の機能を発揮することができなくなった状態をいいます。

【症 状】
・代償性肝硬変 ---
 肝臓が硬くなっているのが触ると分かりますが症状はほとんどあらわれません。
・非代償性肝硬変 ---
 上腹部のはった感じ、食欲不振、便秘、下痢、嘔吐などの症状があらわれます。
 また、脾臓が腫れたり、手のひらが赤く輝いたり、皮膚にクモの巣状の血管腫が
 あらわれたり、女性化乳房症があらわれたりなどします。
 そして、腹の皮膚にはっきりと静脈が認められるようになり、腹の中に水が溜ま
 り、腫れ上がってきます。黄疸もあらわれます。

※ 結節とは、皮膚や内臓組織にできる隆起物または腫瘤のことをいいます。
※ 慢性肝炎の10%前後のものが、長い年月をかけて肝硬変に移行すると
  いわれています。
※ 女性化乳房症とは、男性の乳腺の片方あるいは両方が女性の乳房のように
  発育、肥大したもの。
※ 黄疸とは、皮膚や白目が黄色くなったり、身体がかゆくなったり、尿の色が濃く
  なったりする症状。

cba
ー スポンサードリンク −
 
も く じ
 
からだの
仕組みと働き
 
頭部の病気
 
胸部の病気
 
腹部の病気
 
全身の病気
 
女性の病気
 
 

def

ghi
からだの仕組みと働き
しんけい
神経
ホルモン
こうじょうせん
甲状腺
みみ
はな
くち
のど
咽喉
しんぞう
心臓
けつあつ
血圧
けつえき
血液
けっかん
血管
リンパかん
リンパ管
こきゅうき
呼吸器
しょうかかん
消化管
しょくどう
食道
じゅうにしちょう
十二指腸
しょうちょう
小腸
だいちょう
大腸
かんぞう
肝臓
じんぞう
腎臓
たんのう
胆嚢
すいぞう
膵臓
ひにょうき
泌尿器
だんせいのせいしょくき
男性の生殖器
じょせいのせいしょくき
女性の生殖器
にゅうぼう
乳房
ほね
かんせつ
関節
きんにく
筋肉
ひふ
皮膚
ひふのふぞくき
皮膚の付属器
からだのきかん
からだの器官
※ 医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
  免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
  万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
  あらかじめご了承ください。これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用くださいませ。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「病気とからだナビ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 病気とからだナビ All Rights Reserved