多発性筋炎・皮膚筋炎

多発性筋炎・皮膚筋炎

    病気と症状いろいろナビ    
 病気と症状いろいろナビ トップページ > 膠原病・免疫系の病気 > 多発性筋炎・皮膚筋炎
 病気にかかると、診断と治療は医師の手に委ねますが、自分の身体の今の情報を医師に伝えるのは自分自身です。症状があっても
それを言葉に出して言えないとなにもなりません。また、今の症状からどんな病気が考えられるか、初診に適した科は何か、ある程度
わかると、対応も早くなります。「早期発見!、早期治療!」重い病気であればなおさらです。この「病気と症状いろいろナビ」では、病気
にはどんなものがあるのか、また、その症状はどのようなものなのかをご案内しています。このサイトをしっかりご活用頂き、少しでも
皆さまの皆さまご自身の健康管理にお役立て頂ければ幸いです。

多発性筋炎・皮膚筋炎 (たはつせいきんえん・ひふきんえん)

abc
ー スポンサードリンク −

多発性筋炎・皮膚筋炎

初診に適した科 【膠原病・リウマチ科/物療内科/アレルギー科/内科】
【症 状】
発熱、全身の倦怠感、関節痛、筋肉痛、歩きにくい、物をつかみにくい、しゃべり
にくい、物を飲み込みにくい、腹部の膨順満、便秘、不整脈、目のまわり・前胸部・
頸背部・手足の関節部に発疹、皮膚の色素沈着・脱失・萎縮

【多発性筋炎・皮膚筋炎とは】
多発性筋炎とは、咽頭や手足などを動かす横紋筋(おうもんきん)が左右対称的におかされ筋力低下などが起こる病気です。

この多発性筋炎に、浮腫性紅斑などの皮膚症状をともなうもの(特に上眼瞼部や関節の伸展部にともなうもの)を、皮膚筋炎といいます。

ただ、多発性筋炎も皮膚筋炎も、筋病変の特徴に差がないため、現在は、「多発性筋炎・皮膚筋炎」の名称で同一疾患として扱われています。

なお、原因は、今のところはっきりしていませんが、なかには、肺癌や胃癌などの悪性腫瘍、ウイルスなどの感染症、薬剤中毒などにともなって発症したり、腫種の膠原病の際に共通の症状としてあらわれたりします。

主に5〜15歳と30〜60歳代で発病することが多く、また女性に多くみられます。

症状としては、次のようなことが起こります。
@ 急に発症することが多く、発熱や発疹、全身の倦怠感、関節痛、筋肉痛などの
  症状があらわれます。
A 筋症状では、筋力の低下や筋肉の萎縮が起こり、歩行や物をつかむことが難
  しくなってきます。
  また、咽頭や喉頭筋、心筋、消化管の平滑筋におよぶことがあり、しゃべりにく
  い、物を飲み込みにくい、腹が張った感じ(腹部の膨順満)、便秘、不整脈など
  の症状があらわれることもあります。
  なお、筋肉は左右対称的におかされていきます。
B 皮膚症状では、目のまわりや前胸部、頸背部、手足の関節部などに紅紫色の
  発疹(浮腫性の紅斑)があらわれます。
  また、色素の沈着や脱失、皮膚の萎縮などが起こります。

※ 多発性筋炎・皮膚筋炎は、肺、心臓、関節、消化管など、ほかの臓器障害も合
  併することがあるため、膠原病の一つとして分類されています。
※ 膠原病とは、身体のいたるところの結合組織や血管に炎症・変性が起こり、
  いろいろな臓器に障害をきたす病気の総称。
※ 結合組織とは、身体を支えたり、身体の中のさまざまな部分の形を維持したり
  また、臓器のすき間を埋めたり、といった多様な働きをする組織。
  なお、身体の組織には、結合組織のほかに、上皮組織、筋組織、神経組織と
  いわれるものがあります。

cba
ー スポンサードリンク −
 
 こころの病気
 
 脳・神経の病気
 
 脳血管系の病気
 
 血液の病気
 
 血管・リンパ管の病気
 
 甲状腺
 ・副甲状腺の病気
 
 ホルモン・代謝系の病気
 
 心臓・心筋の病気
 
 肝臓の病気
 
 胆道・胆嚢・膵臓の病気
 
 腎臓・泌尿器の病気
 
 気道・肺・胸郭の病気
 
 食道・胃
 ・十二指腸の病気
 
 小腸・大腸・虫垂
 ・肛門の病気
 
 男性性器の病気
 
 女性の病気
 
 妊娠
 ・妊娠にともなう病気
 
 アレルギーの病気
 
 膠原病・免疫系の病気
 
 皮膚・髪の病気
 
 骨・関節
 ・筋肉・腱の病気
 
 目の病気
 
 耳・平衡器官の病気
 
 鼻・咽喉の病気
 
 歯・口腔の病気
 
 感染症・寄生虫病
 
 

def
※ 姉妹サイトのページ「からだの仕組みと働き」へ

【ご注意】
 このホームページをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ このホームページは、医師による診療行為ではありません。
A このホームページでは、正確な情報提供を行うよう努めておりますが、診断、治療、その他医学的な情報は、 必ずしもすべての方に有効とは限りません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
C このホームページの情報を利用した結果生じる損害、不都合、不利益については、当方はその責任を一切負いません。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「病気と症状いろいろナビ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 病気と症状いろいろナビ All Rights Reserved