エイズ

エイズ

    病気と症状いろいろナビ    
 病気と症状いろいろナビ トップページ > 感染症・寄生虫病 > エイズ
 病気にかかると、診断と治療は医師の手に委ねますが、自分の身体の今の情報を医師に伝えるのは自分自身です。症状があっても
それを言葉に出して言えないとなにもなりません。また、今の症状からどんな病気が考えられるか、初診に適した科は何か、ある程度
わかると、対応も早くなります。「早期発見!、早期治療!」重い病気であればなおさらです。この「病気と症状いろいろナビ」では、病気
にはどんなものがあるのか、また、その症状はどのようなものなのかをご案内しています。このサイトをしっかりご活用頂き、少しでも
皆さまの皆さまご自身の健康管理にお役立て頂ければ幸いです。

エイズ (えいず)

abc
ー スポンサードリンク −

エイズ

初診に適した科 【内科】
【症 状】
頭痛、発熱、寒気

【エイズとは】
エイズとは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって起こる病気ですが、このウイルスによって、人間の免疫をつかさどるリンパ球が破壊され、あるいは、その機能が障害されると、身体の免疫力がなくなり、その結果、さまざまな感染症が引き起こされ、やがて生命が危うくなるという恐ろしいものです。

感染経路としては、次のようなケースが挙げられます。
@ 性行偽感染 −−− 
  特に男性同性愛者間での肛門性交による直腸粘膜からの感染、また、異性間
  の感染。
A血液媒介感染 −−− 
  輸血によって起こる感染で、日本でも問題(凝固因子製剤)になりましたが、
  現在は必要な検査と処理が行われているということです。
B 母子感染 −−− 
  両親のいずれかがエイズかエイズの危険因子をもつ子どもは、高い感染率・
  発病率を示すといわれています。
C その他 −−− 
  麻薬・覚醒剤常習者が、注射器を共有する場合に感染の危険が高くなります。

このエイズは、感染直後では特徴的な症状はなく、潜伏期に入る前に流行性感冒のような症状があらわれる程度で、潜伏期は、数ヶ月から5年以上といわれています。また、7〜8年という人も確認されています。

潜伏期のあと、感染者の2〜3割は、頭痛、発熱、リンパ節の腫れ、下痢、体重減少、疲労などの症状があらわれ、しだいに免疫機能の働きが低下し、弱い微生物(細菌、真菌、ウイルスなど)に対しても抵抗できず発病にいたります。

そして、カリニ肺炎、肺カンジダ症、カンジダ食道炎、カポジ肉腫、ほかに認知症、脊髄症などの脳・神経障害が見られるようになります。

但し、感染者の5〜6割では無症状で経過するといわれています。

※ エイズは、1981年にアメリカのロサンゼルスで発見され、アメリカをはじめヨー
  ロッパやほかの多くの国々で患者数が増え続け、社会生活を脅かしています。
※ エイズ(AIDS)は、後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency
  Syndrome:AIDS)のことです。
※ HIVは、感染者の体液、なかでも(感染源となる)血液や精液、膣分泌物、母乳
  に存在します。
  特に感染者からの輸血や男性同性愛者からの広がりが問題視されています。
※ まだ完全な治療法はなく、ウイルスの撲滅までには至っていませんが、現在、
  効果的な抗HIV薬が開発され、多剤併用療法によって、血中のウイルスを、
  測定感度以下にまで抑えることができるようになっています。
  したがって、今は、エイズの発症進行を大幅に抑えることができます。

cba
ー スポンサードリンク −
 
 こころの病気
 
 脳・神経の病気
 
 脳血管系の病気
 
 血液の病気
 
 血管・リンパ管の病気
 
 甲状腺
 ・副甲状腺の病気
 
 ホルモン・代謝系の病気
 
 心臓・心筋の病気
 
 肝臓の病気
 
 胆道・胆嚢・膵臓の病気
 
 腎臓・泌尿器の病気
 
 気道・肺・胸郭の病気
 
 食道・胃
 ・十二指腸の病気
 
 小腸・大腸・虫垂
 ・肛門の病気
 
 男性性器の病気
 
 女性の病気
 
 妊娠
 ・妊娠にともなう病気
 
 アレルギーの病気
 
 膠原病・免疫系の病気
 
 皮膚・髪の病気
 
 骨・関節
 ・筋肉・腱の病気
 
 目の病気
 
 耳・平衡器官の病気
 
 鼻・咽喉の病気
 
 歯・口腔の病気
 
 感染症・寄生虫病
 
 

def
※ 姉妹サイトのページ「からだの仕組みと働き」へ

【ご注意】
 このホームページをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ このホームページは、医師による診療行為ではありません。
A このホームページでは、正確な情報提供を行うよう努めておりますが、診断、治療、その他医学的な情報は、 必ずしもすべての方に有効とは限りません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
C このホームページの情報を利用した結果生じる損害、不都合、不利益については、当方はその責任を一切負いません。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「病気と症状いろいろナビ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 病気と症状いろいろナビ All Rights Reserved