接触性皮膚炎

接触性皮膚炎

    病気と症状いろいろナビ    
 病気と症状いろいろナビ トップページ > 皮膚・髪の病気 > 接触性皮膚炎
 病気にかかると、診断と治療は医師の手に委ねますが、自分の身体の今の情報を医師に伝えるのは自分自身です。症状があっても
それを言葉に出して言えないとなにもなりません。また、今の症状からどんな病気が考えられるか、初診に適した科は何か、ある程度
わかると、対応も早くなります。「早期発見!、早期治療!」重い病気であればなおさらです。この「病気と症状いろいろナビ」では、病気
にはどんなものがあるのか、また、その症状はどのようなものなのかをご案内しています。このサイトをしっかりご活用頂き、少しでも
皆さまの皆さまご自身の健康管理にお役立て頂ければ幸いです。

接触性皮膚炎 (せっしょくせいひふえん)

abc
ー スポンサードリンク −

接触性皮膚炎

初診に適した科 【皮膚科】
【症 状】
紅斑、丘疹、水疱、腫れ、びらん、痂皮、色素沈着

【接触性皮膚炎とは】
接触性皮膚炎とは、外部から直接皮膚に作用して、その部分にだけ起こる湿疹性の病変で、アレルギー性のかぶれと一次刺激性のかぶれとに分けられます。

@ アレルギー性のかぶれ(アレルギー性接触皮膚炎) −−− 
  繰り返し同じ刺激を受けて起こるというものです。
A 一次刺激性のかぶれ(刺激性皮膚炎) −−− 
  一度でも刺激を受けると、その直後にあらわれます。
  これは、酸やアルカリ、そのほか毒物にかぶれたときに起こります。

この接触性皮膚炎では、帽子や下着、靴下などの繊維素材、イヤリングや腕輪、時計などの金属類、洗剤や化粧品などの化学薬品など、皮膚に直接触れるものは、すべて、かぶれの原因になります。

なお、接触性皮膚炎には、上記のもの以外に、単に接触原が皮膚に作用するだけでなく、その発症に光線がかかわって引き起こされる光接触皮膚炎とよばれるものもあります。

症状としては、接触原に触れた部位に、紅斑や小丘疹、小水疱、腫れなどがあらわれます。やがて、びらんや痂皮(=かさぶた)をつくり、ときに軽い色素沈着を残して治ります。

※ ヒトの身体には、身体にとって異物である物質(抗原)が体内に入ったとき、
  それに対抗する物質(抗体)をつくって、抗原を排除しようとするシステムがあり
  ます。このシステムのことを、抗原抗体反応(免疫反応)といいます。
  この反応が、特定の抗原に対して適切に機能すれば、「生体防御」となります
  が、過剰に反応すると、アレルギー反応としてあらわれます。
※ アレルギー症状を引き起こす原因となるものには、花粉・動物の毛・ちりなどの
  吸入性のもの、鶏卵・魚肉・牛乳などの食物性のもの、金属・ゴムなどの接触
  性のものなどがあります。

皮膚と皮膚付属器の仕組みと働き、病気について、もっと詳しくわかります!
「皮膚と皮膚付属器の病気ナビ」

cba
ー スポンサードリンク −
 
 こころの病気
 
 脳・神経の病気
 
 脳血管系の病気
 
 血液の病気
 
 血管・リンパ管の病気
 
 甲状腺
 ・副甲状腺の病気
 
 ホルモン・代謝系の病気
 
 心臓・心筋の病気
 
 肝臓の病気
 
 胆道・胆嚢・膵臓の病気
 
 腎臓・泌尿器の病気
 
 気道・肺・胸郭の病気
 
 食道・胃
 ・十二指腸の病気
 
 小腸・大腸・虫垂
 ・肛門の病気
 
 男性性器の病気
 
 女性の病気
 
 妊娠
 ・妊娠にともなう病気
 
 アレルギーの病気
 
 膠原病・免疫系の病気
 
 皮膚・髪の病気
 
 骨・関節
 ・筋肉・腱の病気
 
 目の病気
 
 耳・平衡器官の病気
 
 鼻・咽喉の病気
 
 歯・口腔の病気
 
 感染症・寄生虫病
 
 

def
※ 姉妹サイトのページ「からだの仕組みと働き」へ

【ご注意】
 このホームページをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ このホームページは、医師による診療行為ではありません。
A このホームページでは、正確な情報提供を行うよう努めておりますが、診断、治療、その他医学的な情報は、 必ずしもすべての方に有効とは限りません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
C このホームページの情報を利用した結果生じる損害、不都合、不利益については、当方はその責任を一切負いません。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「病気と症状いろいろナビ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 病気と症状いろいろナビ All Rights Reserved