呼吸器の仕組みについて・・・

呼吸器の仕組みについて、その概要・原因・症状などを記載しています。

呼吸器の病気ナビ
  呼吸器の病気ナビ TOP > 呼吸器の仕組み
 この「呼吸器の病気ナビ」では、呼吸器の病気についての概要・原因・症状などを、できるだけわかりやすく
記載しています。 呼吸器の病気にはどんなものがあるのか、また、その原因や症状はどのようなものなのか、
初診に適した科はどこかなど、少しでも早く情報をつかんでいただき、みなさまご自身の健康管理・健康維持に、
この「呼吸器の病気ナビ」をお役立て頂ければ幸いと存じます。 なお、呼吸器の病気としては、かぜ邪症候群、
気管支炎、肺炎、肺化膿症、過敏性肺炎、気管支拡張症などを中心に掲載しております。

呼吸器の仕組み(こきゅうきのしくみ)について・・・「呼吸器の病気ナビ」

abc

スポンサードリンク

呼吸器の仕組みについて・・・
【呼吸器の仕組み】

呼吸とは?

呼吸は、空気中の酸素を体内に取り入れることから始まり、

その酸素が燃焼されたあとにできる二酸化炭素(炭酸ガス)を体外に排出する

という一連の動作をいいます。


なぜ人は呼吸するのか?

人は生きるために酸素を必要とします。

人が成長や行動する、あるいは、体内の各臓器を活動させたり、

新陳代謝を即したりするためには、糖質や脂肪、たんぱく質を、

酸素を使って燃焼させ、エネルギーにする必要があるのですが、

その酸素は、人が呼吸することによって、

空気中から体内に取り入れることができるのです。


呼吸器とは?

呼吸器とは、人が呼吸するときに必要な臓器のことをいい、

その構造から、次のように分けられます。

 @ 空気を吸い込むときの通路である気道

 A 吸い込んだ空気を処理する肺(肺胞)

 B 肺を入れる箱(胸郭)

 C 付属器官として、肺を包む胸膜(肋膜)と左右の肺の境界にある縦隔など。

     




※ 気道(きどう、呼吸器の一つ)の行程

  左右の鼻腔 → 咽頭 → 喉頭 → 気管 → 二本の気管支

  (心臓のうしろ辺り) → 気管支(肺の中) → 細気管支(肺の中)

  → 終末細気管支(肺の中) → 肺胞(肺の中)。

  すなわち、

  左右の鼻腔から始まり、咽頭、喉頭を経て、気管へとつながり、

  気管はそのあと二本の気管支に分かれ、

  その気管支は続いて肺の中に入ってから枝分かれを繰り返し、

  気管支、細気管支、終末細気管支とどんどん細くなっていきます。

  最終的に、空気と血液との間で酸素と二酸化炭素の交換(ガス交換)が

  行われる小さな部屋(肺胞)へ至ります。

           

     


※ 肺(はい、呼吸器の一つ)

  呼吸器の主役である肺は、左右に二つありますが、

  左より右の方が少し大きくなっています。

  また、右の肺は上葉、中葉、下葉の三つに、

  左の肺は、上葉、下葉の二つに分かれています。

  肺は胸膜という膜で包まれていて、その内部は、何億本もの気管支と、

  その先にある多数の小さな袋状の肺胞、そして網の目のように走る

  血管で占められています。

  肺胞の一つ一つは薄い膜の袋で、

  表面をガス交換のための毛細血管の網が覆っています。

           

     

          


※ 胸郭(きょうかく、呼吸器の一つ)

  肺を収納する胸郭は、肋骨、脊柱、胸骨の骨格、筋肉、横隔膜によって

  構成されています。


  肺は自分自身で大きくなったり小さくなることはできず、

  横隔膜の上下運動や肋間筋などが胸郭を拡大、縮小させることで

  受動的に行われます。




※ 胸膜(きょうまく、呼吸器の付属器官)

  肺は、外側を覆う肺胸膜と内側にある壁側胸膜(肋膜)の

  二枚で覆われています。

  この二枚の胸膜の間の胸膜腔は、大気圧よりも低いため、

  肺が膨らみ易くなっています。

  胸膜腔内の圧力を陰圧といいます。


※ 肺門リンパ節(腺)

  リンパ節は、細網組織から構成されるリンパ洞と、

  リンパ球(免疫抗体を産生する細胞)の集まるリンパ小節から

  構成されています。

  リンパ洞は、濾過装置として細菌や異物を処理し、

  リンパ小節では、白血球の一つであるリンパ球の増生が行われます。

  このリンパ節は、脇の下、顎の下、腿のつけ根にあることは

  よく知られているところですが、

  肺門部にも、気管、気管支に沿って集中しています。


※ 肺の血管系

  肺には二通りの血液の流れがあります。

  一つは、心臓の右心室から出る肺動脈の血液が、

  肺を通過して肺静脈に流れ心臓の左心房へ帰る流れ。

  この流れによって、血液が肺を通過する際に、

  酸素を多く含みよみがえることができます。

  もう一つは、全身を流れる血液循環系の一部として、

  肺や気管支の活動を支える流れで、気管支動脈や静脈がこれにあたります。


【初診に適した科】

 内科/呼吸器科/耳鼻咽喉科




def
呼吸器の病気のうち、気になるものピックアップ!
睡眠時無呼吸症候群とは? 睡眠時無呼吸症候群の
原 因
睡眠時無呼吸症候群の
症 状
睡眠時無呼吸症候群の
診断・検査
睡眠時無呼吸症候群の
治 療


呼吸器の仕組みと働きについて・・・
呼吸器の仕組み 呼吸器の働き


呼吸器の病気 (索 引)
    かぜ症候群     普通感冒     インフルエンザ
    急性気管支炎     慢性気管支炎     肺 炎
    ウイルス性肺炎     細菌性肺炎     マイコプラズマ肺炎
    クラミジア肺炎     嚥下性肺炎     肺化膿症
    間質性肺炎     薬剤性肺臓炎     過敏性肺炎
    塵 肺     肺線維症     肺結核
    非結核性抗酸菌症     肺真菌症     気管支拡張症
    肺気腫     嚢胞性肺疾患     低換気症候群
    過換気症候群     無気肺     呼吸不全
    肺血栓塞栓症     肺高血圧症     肺水腫
    気 胸     胸膜炎     縦隔炎
    縦隔気腫     縦隔腫瘍     しゃっくり

スポンサードリンク
ghi
【ご注意】
 このサイトをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ 当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
A 万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
※ 当サイトの内容・画像等の複製(コピーなど)はご遠慮願います。

Copyright (C) 呼吸器の病気ナビ All Rights Reserved