睡眠時無呼吸症候群の症状について・・・

睡眠時無呼吸症候群の症状について記載しています。

呼吸器の病気ナビ
  呼吸器の病気ナビ TOP > 睡眠時無呼吸症候群の症状
 この「呼吸器の病気ナビ」では、呼吸器の病気についての概要・原因・症状などを、できるだけわかりやすく
記載しています。 呼吸器の病気にはどんなものがあるのか、また、その原因や症状はどのようなものなのか、
初診に適した科はどこかなど、少しでも早く情報をつかんでいただき、みなさまご自身の健康管理・健康維持に、
この「呼吸器の病気ナビ」をお役立て頂ければ幸いと存じます。 なお、呼吸器の病気としては、かぜ邪症候群、
気管支炎、肺炎、肺化膿症、過敏性肺炎、気管支拡張症などを中心に掲載しております。

睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)の
症状について・・・「呼吸器の病気ナビ」

abc

スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の症状について・・・
【睡眠時無呼吸症候群の症状】

睡眠時無呼吸症候群の症状としては、次のようなことが起こります。

・睡眠中の症状

 異常呼吸、無呼吸、高いびき、寝ぼけ、たびたびおこる覚醒、異常な体動、

 頻尿、夜尿症など。

・日中の症状

 傾眠(日中に強い眠気)、居眠り、起床時の頭痛、悪心、性格の変化、

 知的能力の低下、集中力・記憶力の低下、性的能力の減退、

 女性の場合は月経不順、こむら返り、運動時の息切れ・呼吸困難などが

 起こります。

上記のほかに、基礎疾患の症状もみられます。

また、合併症として、次のような病気があらわれます。

 多血症(赤血球増多症)、睡眠中に不整脈、

 長期の低酸素状態によって起こる肺高血圧、肺性心など。


※ 睡眠時無呼吸症候群:Sleep Apnea Syndrome(SAS)

※ レム睡眠(Rapid eye movement sleep = REM sleep = 急速眼球運動)、

  ノンレム睡眠について・・・

  睡眠は、1時間半〜2時間を1周期としたリズムで動いています。

  入眠期から深い熟眠期までをノンレム睡眠、その後にくるのがレム睡眠です。

  レム睡眠は、逆説睡眠(ぎゃくせつすいみん)ともよばれるもので、

  成人で20〜30分くらい続き、このとき眼球は、覚醒しているときと同じように

  キョロキョロ動いて(急速眼球運動)います。

  しかし、肉体は深い眠りと同じような状態にあります。

  つまり、外見的にからだは眠って、

  脳は起きている(脳が覚醒状態にある)期間です。

  夢をみるのも、このレム睡眠中であることが多く、

  また、この期間に覚醒した場合には、

  夢の内容を覚えていることが多いといわれています。

  ノンレム睡眠は、徐波睡眠(じょはすいみん)ともよばれるもので、

  急速眼球運動はともないません。

  上記のように、入眠時には、まずノンレム睡眠があられ、

  続いて約1時間から2時間ほどでレム睡眠に移るわけですが、

  そのあとは、ノンレム睡眠とレム睡眠が交互にあらわれ、

  一晩の睡眠で、4、5回のレム睡眠があらわれるといわれています。

  なお、このレム睡眠の存在は、1953年にシカゴ大学の

  ナサニエル・クライトマンとユージン・アゼリンスキーの研究によって

  明らかにされました。

※ 無呼吸とは、鼻及び口の気流が10秒以上停止すること。

  (睡眠時無呼吸とは、睡眠時における10秒以上の鼻及び口における

  気流の停止)

※ 低呼吸とは、10秒以上、換気量が50%以上低下すること。

※ 無呼吸・低呼吸指数(apnea hypopnea index:AHI)とは、

  1時間あたりの無呼吸と低呼吸の回数を合わせたもの。

  この値により、重症度を次のように分類します。

   軽度  : AHI=5〜15

   中等度 : AHI=15〜30

   重度  : AHI=30〜45

   最重度 : AHI=45〜100+

  このうち治療の対象になるのは、中等度以上の人です。

※ 覚醒(かくせい)とは、目を覚ますこと。目が覚めること。

※ ネーザル・サイクルとは、左右の鼻腔が数時間の間隔で、

  交互に通りにくくなったり通りやすくなったりを繰り返す、生理的な交代現象。

  ふつう、これを自覚することはありません。

※ オンディーヌの呪い(先天性中枢性肺胞低換気症候群)とは、

  脳幹部の自律神経中枢の先天的な形成異常、機能不全による

  重症な呼吸障害です。

  これは、意識していれば呼吸はできますが、

  睡眠によって呼吸が停止するというものです。

  オンディーヌというのは、ヨーロッパの民謡に登場する

  水の精で、彼女の呪いによって、

  眠ると呼吸が停止してしまうハンスという青年が、

  この病気にそっくりなことからつけられたものです。

※ 睡眠時無呼吸によって、低酸素血症、呼吸不全、高血圧症、肺性心などの

  障害が起こります。

  したがって、これらの障害の有無を調べることは、

  睡眠時無呼吸症候群の診断に必要です。

※ 低酸素血症とは、動脈血中の酸素が不足した状態。

※ 呼吸不全とは、動脈血中の酸素と炭酸ガスの値が異常になる状態。

※ 高血圧症とは、動脈の血圧が正常範囲を超えて高くなる状態。

※ 肺性心とは、肺循環の障害によって右心室が大きくなったり、

  右心室の働きが悪くなる状態。

※ 傾眠とは、昼間に強い眠気を感じて、たびたび居眠りをすること。

※ 睡眠中の「いびき」は、閉塞型の症例として高頻度にみられるものですが、

  「いびき」の大きい人の約70%で、睡眠中に何度も呼吸が止まるという

  報告があります。

  「いびき」のなかで、寝入りばなの「いびき」、疲れた時の「いびき」、

  飲酒後だけにかく「いびき」は心配いりませんが、

  急に大きくなった「いびき」は注意が必要です。

  特に朝まで続く「いびき」の場合は、高血圧を合併する頻度が高くなります。

  呼吸が停止したあと、急に大きく苦しそうにかく「いびき」は、

  睡眠時無呼吸症候群が疑われます。


【初診に適した科】

 内科/呼吸器科/循環器科/耳鼻咽喉科/神経科




def
呼吸器の病気のうち、気になるものピックアップ!
睡眠時無呼吸症候群とは? 睡眠時無呼吸症候群の
原 因
睡眠時無呼吸症候群の
症 状
睡眠時無呼吸症候群の
診断・検査
睡眠時無呼吸症候群の
治 療


呼吸器の仕組みと働きについて・・・
呼吸器の仕組み 呼吸器の働き


呼吸器の病気 (索 引)
    かぜ症候群     普通感冒     インフルエンザ
    急性気管支炎     慢性気管支炎     肺 炎
    ウイルス性肺炎     細菌性肺炎     マイコプラズマ肺炎
    クラミジア肺炎     嚥下性肺炎     肺化膿症
    間質性肺炎     薬剤性肺臓炎     過敏性肺炎
    塵 肺     肺線維症     肺結核
    非結核性抗酸菌症     肺真菌症     気管支拡張症
    肺気腫     嚢胞性肺疾患     低換気症候群
    過換気症候群     無気肺     呼吸不全
    肺血栓塞栓症     肺高血圧症     肺水腫
    気 胸     胸膜炎     縦隔炎
    縦隔気腫     縦隔腫瘍     しゃっくり

スポンサードリンク
ghi
【ご注意】
 このサイトをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ 当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
A 万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
※ 当サイトの内容・画像等の複製(コピーなど)はご遠慮願います。

Copyright (C) 呼吸器の病気ナビ All Rights Reserved