急性気管支炎とは?

急性気管支炎について、その概要・原因・症状などを記載しています。

呼吸器の病気ナビ
  呼吸器の病気ナビ TOP > 急性気管支炎
 この「呼吸器の病気ナビ」では、呼吸器の病気についての概要・原因・症状などを、できるだけわかりやすく
記載しています。 呼吸器の病気にはどんなものがあるのか、また、その原因や症状はどのようなものなのか、
初診に適した科はどこかなど、少しでも早く情報をつかんでいただき、みなさまご自身の健康管理・健康維持に、
この「呼吸器の病気ナビ」をお役立て頂ければ幸いと存じます。 なお、呼吸器の病気としては、かぜ邪症候群、
気管支炎、肺炎、肺化膿症、過敏性肺炎、気管支拡張症などを中心に掲載しております。

急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)とは?・・・「呼吸器の病気ナビ」

abc

スポンサードリンク

急性気管支炎とは?
【急性気管支炎】

風邪をひくと、咽頭や喉頭などに炎症が起こりますが、

急性気管支炎は、その炎症が急性に気管や気管支まで及んだものをいいます。

この急性気管支炎は、多くは風邪をこじらせて起こりますが、

ほかには、喫煙や受動喫煙、あるいは窒素酸化物や亜硫酸ガスなどの排気ガス、

塩素ガスなどの大気汚染などが原因になることもあります。

急性気管支炎は、適切な治療を行うと、その多くは回復に向かいますが、

悪化すれば、肺炎に進行することもあります。


【原 因】

この急性気管支炎は、インフルエンザウイルスやアデノウイルス、

マイコプラズマなどの風邪を引き起こすウイルスが上気道炎を起こし、

その弱った気道に、ウイルスや細菌(肺炎球菌、百日咳菌、A群溶連菌など)

などが二次感染して起こります。

また、タバコの吸いすぎや排気ガス、大気汚染などが、発病しやすい条件(誘因)

にもなります。

さらに、風邪ウイルスにもよって違いますが、インフルエンザウイルスなどは、

寒冷と乾燥を好みますので、例えば、気温が低かったり乾燥していると、

外から入ってきた異物を気道の線毛で排除する働きが大幅に低下しますので、

ウイルスが感染しやすくなります。

もちろん、体温調節や代謝など、からだ全体の機能が低下しても、

進入したウイルスによって発病しやすくなります。


【症 状】

急性気管支炎の症状としては、まず風邪の症状があらわれます。

しだいに、乾いた咳や痰、発熱がみられ、痰も黄色っぽいものになってきます。

また、鼻水や鼻づまり、喉の痛み、声がれ、

さらに、頭痛や全身の倦怠感などの症状もあらわれてきます。

ひどくなると、呼吸困難や胸痛、激しい咳による腹部の筋肉痛などの症状も

あらわれてきます。


【予防対策】

急性気管支炎に対する予防には、次のような対策が必要です。

 ・外出時にはマフラーを着用するようにしましょう。

 ・帰宅時の、手洗いとうがいの励行

 ・十分な睡眠をとることが必要です。

 ・栄養のバランスを考えた食事の摂取を心がけましょう。

 ・急性気管支炎にかかってしまったら、安静にして、温かい番茶か白湯など

  水分を多めに摂るようにしましょう。

 ・シャワーや入浴は、控えた方がいいでしょう。


【初診に適した科】

 内科/呼吸器科/耳鼻咽喉科/小児科




def
呼吸器の病気のうち、気になるものピックアップ!
睡眠時無呼吸症候群とは? 睡眠時無呼吸症候群の
原 因
睡眠時無呼吸症候群の
症 状
睡眠時無呼吸症候群の
診断・検査
睡眠時無呼吸症候群の
治 療


呼吸器の仕組みと働きについて・・・
呼吸器の仕組み 呼吸器の働き


呼吸器の病気 (索 引)
    かぜ症候群     普通感冒     インフルエンザ
    急性気管支炎     慢性気管支炎     肺 炎
    ウイルス性肺炎     細菌性肺炎     マイコプラズマ肺炎
    クラミジア肺炎     嚥下性肺炎     肺化膿症
    間質性肺炎     薬剤性肺臓炎     過敏性肺炎
    塵 肺     肺線維症     肺結核
    非結核性抗酸菌症     肺真菌症     気管支拡張症
    肺気腫     嚢胞性肺疾患     低換気症候群
    過換気症候群     無気肺     呼吸不全
    肺血栓塞栓症     肺高血圧症     肺水腫
    気 胸     胸膜炎     縦隔炎
    縦隔気腫     縦隔腫瘍     しゃっくり

スポンサードリンク
ghi
【ご注意】
 このサイトをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ 当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
A 万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
※ 当サイトの内容・画像等の複製(コピーなど)はご遠慮願います。

Copyright (C) 呼吸器の病気ナビ All Rights Reserved