多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)とは?

多形滲出性紅斑について解説しております。

皮膚と皮膚付属器の病気ナビ
  皮膚と皮膚付属器の病気ナビ TOP > 皮膚の病気(ひふのびょうき)とは? >  多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)とは?
 皮膚と皮膚付属器の病気ナビでは、皮膚と皮膚付属器の病気ナビでは、表皮、真皮、皮下組織の三層から構成された皮膚の仕組みと働きや、皮膚付属器(毛包、脂腺、アポクリン腺、エクリン腺、爪)の仕組みと働きについてそれぞれ解説しております。また、皮膚の病気や皮膚付属器の病気についても、その概要や原因、症状、治療などを中心に、要点を整理してまとめております。

多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)とは?〜皮膚の病気〜

皮膚(表皮、真皮、皮下組織)、皮膚付属器(毛包、脂腺、アポクリン腺、エクリン腺、爪)
abc

スポンサードリンク

多形滲出性紅斑とは?
 多形滲出性紅斑とは、皮膚の表面から盛り上がった赤くて直径1〜2aくらいまでの円形状の発疹(紅斑)が、足や手などに多数あらわれるというもので、一般に、かゆみなどの自覚症状はほとんどなく、あっても軽症です。

この多形滲出性紅斑には、軽症型と症候型の二つのタイプがあります。

このうち、軽症型は、特に若い女性に多くみられ、発疹が手の甲から肘にかけて、また足の甲から膝にかけて、突発的にあらわれます。

発熱などの全身的な症状はほとんどなく、発疹は2〜3週間ほどで治りますが、再発することも多く、また季節の変わり目によくあらわれるといった特徴があります。

一方、症候型では、一つ一つの発疹が軽症型よりも大型のものが多く、全身の広い範囲にあらわれます。

また、発疹が口腔内や陰部などの粘膜にもできることがあります。

 ※ 多形滲出性紅斑の重症の場合(スティーブンス・ジョンソン症候群、
   中毒性表皮壊死融解症など)、全身に水疱(すいほう → 水ぶくれ)や
   びらん(ただれ)ができ、生命の危険を脅かすこともあります。

なお、この病気は、ウイルス感染(単純ヘルペスウイルス)や、細菌、薬剤、食べ物などが原因となって起こる反応性の皮膚病と考えられています。

【症 状】

多形滲出性紅斑では、次のような症状がみられます。

 ・ 軽症型直径1〜2aくらいまでの赤くて円形状の発疹が、手の甲から肘に
   かけて、また足の甲から膝にかけて、突発的にあらわれます。

   この発疹は、皮膚の表面から盛り上がり、その中心部がくぼんだものや、
   平らなもの、また、発疹の上に水疱やびらんをともなうものもあります。

   軽いかゆみや痛みをともなうこともありますが、多くは自覚症状のないケース
   がほとんどです。

   また、季節の変わり目に繰り返し発症しやすいという特徴があります。

 ・ 症候型発疹の形や症状は、軽症型とほとんど同じですが、軽症型より大型の
   ものが多く、全身の広い範囲にあらわれます。

   発熱や全身倦怠感、関節痛など全身症状をともなうこともよくあります。

【診 断】

多形滲出性紅斑では、発疹が手や足などにあらわれているか、またその特徴はどうか、自覚症状はないかなどを総合して診断されます。

 ※ 重症型が疑われる場合は、緊急に皮膚生検(皮膚を数_切り取って調べる
   病理組織検査)が行われます。

【治 療】

多形滲出性紅斑の症状の程度にもよりますが、一般的な治療では、ステロイド外用薬(副腎皮質ホルモン剤)が用いられます。

症状が重い場合は、ステロイド剤の内服が行われます。

初診に適した科 【皮膚科

def
ー スポンサードリンク −
 
皮膚の
仕組みと働き
 
皮膚とは?
 
 皮膚の表面について
 
 皮膚の構造について
 
 
皮膚付属器の
仕組みと働き
 
皮膚付属器とは?
 
毛包とは?
 
体毛とは?
 
脂腺とは?
 
アポクリン腺とは?
 
エクリン腺とは?
 
爪とは?
 
 
病 気
 
皮膚の病気
 
 皮膚付属器の病気
 
 
 【補足ページ】
 
 


ghi
皮膚の病気

            ひふのびょうきとは?
       皮膚の病気とは?
            しっしん
       湿 疹
            かへいじょうしっしん
       貨幣状湿疹
            せっしょくせいひふえん
       接触性皮膚炎
            じんましん
       蕁麻疹
            あとぴーせいひふえん
       アトピー性皮膚炎
            しゅふしっしん
       主婦湿疹
            へんぺいたいせん
       扁平苔癬
            もうこうせいたいせん
       毛孔性苔癬
            びだーるたいせん
       ビダール苔癬
            ひふそうようしょう
       皮膚掻痒症
            たけいしんしゅつせいこうはん
       多形滲出性紅斑
            こうひしょう
       紅皮症
            ひやけ
       日焼け
            こうせんかびんしょう
       光線過敏症
            しょうせきのうほうしょう
       掌蹠膿疱症
            しろうせいひふえん
       脂漏性皮膚炎
            しゅさよう ひふえん
       酒さ様皮膚炎
            こういひふえん
       口囲皮膚炎
            てんぽうそう
       天疱瘡
      るいてんぽうそう すいほうせいるいてんぽうそう
    類天疱瘡 水疱性類天疱瘡
            ぎょりんせん
       魚鱗癬
           かんせん じんじょうせいかんせん
       乾癬 尋常性乾癬
            しはん
       紫 斑
            じゃくらんはん
       雀卵斑 そばかす
            かんぱん
       肝 斑
            けっかんきけい
       血管奇形
            けっかんしゅ
       血管腫
            ぼはん
       母 斑
            じんじょうせいはくはん
       尋常性白斑
            じょしがんめんこくひしょう
       女子顔面黒皮症
            しぼうしゅ
       脂肪腫
            ひふあみろいどーしす
       皮膚アミロイドーシス
            がんぐりおん
       ガングリオン
            えきしゅうしょう
       腋臭症 わきが
            かんしん
       汗疹 あせも
            せつ よう
       せつ よう おでき
            たんどく
       丹 毒
            ざそう
       ざ瘡 にきび
            けいがん
       鶏眼 うおのめ
            たこ
       胼 胝
            かいすいよくひふえん
       海水浴皮膚炎
            くらげししょう
       クラゲ刺傷
            ちゅうししょう
       虫刺症 虫刺され
            かいせん
       疥 癬
            けじらみしょう
       毛じらみ症
            ひふけっかく
       皮膚結核
            はくせん
       白 癬
            かんじだしょう
       カンジダ症
            たんじゅんほうしん
       単純疱疹 ヘルペス
            たいじょうほうしん
       帯状疱疹
            いぼ
       い ぼ
            でんせんせいこうはん
       伝染性紅斑
            ばいどく
       梅 毒
            はんせんびょう
       ハンセン病
            やくしん
       薬 疹
            ねっしょう
       熱傷 やけど
            けろいど ひこうせいはんこん
       ケロイド 肥厚性瘢痕
            ほうしゃせんひふえん
       放射線皮膚炎
            でんげきしょう
       電撃傷
            とうしょう
       凍 傷
            じゃくそう
       褥瘡 床ずれ




jkl
※ 医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談して下さい。
  免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
  万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
  あらかじめご了承下さい。これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用下さいませ。

Copyright (C) 皮膚と皮膚付属器の病気ナビ All Rights Reserved