アダムス・ストークス症候群

アダムス・ストークス症候群

    病気と症状いろいろナビ    
 病気と症状いろいろナビ トップページ > 心臓・心筋の病気 > アダムス・ストークス症候群
 病気にかかると、診断と治療は医師の手に委ねますが、自分の身体の今の情報を医師に伝えるのは自分自身です。症状があっても
それを言葉に出して言えないとなにもなりません。また、今の症状からどんな病気が考えられるか、初診に適した科は何か、ある程度
わかると、対応も早くなります。「早期発見!、早期治療!」重い病気であればなおさらです。この「病気と症状いろいろナビ」では、病気
にはどんなものがあるのか、また、その症状はどのようなものなのかをご案内しています。このサイトをしっかりご活用頂き、少しでも
皆さまの皆さまご自身の健康管理にお役立て頂ければ幸いです。

アダムス・ストークス症候群 (あだむす・すとーくすしょうこうぐん)

abc
ー スポンサードリンク −

アダムス・ストークス症候群

初診に適した科 【内科/循環器科】
【症 状】
めまい、意識障害、顔面蒼白、失神、痙攣

【アダムス・ストークス症候群とは】
アダムス・ストークス症候群とは、心臓の異常が原因で心臓の動きが止まり、心臓から脳への血流が急激に減少途絶して、意識を失ってしまうという病気で、多くの場合、数秒から数分で意識は回復しますが、心臓の動きがなかなか再開しないときは、意識がもどらず死に至ることがあります。

ちなみに、心臓の動きが再開し、意識が回復すればアダムス・ストークス発作ということになりますが、もし意識がもどらず死に至れば、突然死、心臓麻痺とよばれることになります。

原因としては、洞結節から心室への刺激伝道が途中で途切れ、さらに補充調律も止まってしまうような場合、あるいは、心室が痙攣を起こし、心臓のまとまった収縮がなくなってしまうような場合(心室細動)などが考えられます。

症状としては、脳の血液不足がごく短時間だった場合では、突然目の前が真っ暗になった、気か遠くなるような感じがした、手足の力が急に抜けるような感じがしたなどが起こる程度ですが、数秒以上続くと、失神して倒れます。さらに、眼球がつり上がり痙攣を起こすこともあります。

※ 心臓の収縮は、心房の上部にある洞結節から発生する刺激(興奮)が、洞結
  節 → 心房 → 心室へと伝わっていくことにより起こります。
※ 洞結節(洞房結節)とは、右心房の大静脈開口部にある小さな心筋細胞の塊
  で、自動的に一定の興奮が生じ、心臓の拍動のリズムを決定しています。
※ ペースメーカーである洞結節が機能しない場合、あるいは何らかの機序(洞房
  ブロック、房室ブロックなど)によって、洞結節から発生する刺激が心室へ伝わ
  らない場合、受動的に第二次(房室接合部)、あるいは第三次中枢(心室)に
  刺激が発生し、心臓の動きを補います。これが、補充調律といわれるもので、
  自家発電のような仕組みによる一種の保護作用があります。
※ 心室細動とは、心室筋が無秩序に興奮し、血液を送り出すための収縮が生じ
  ない状態。一種の心停止状態。
※ 突然意識を失って痙攣を起こす病気に「てんかん」がありますが、これとアダム
  ス・ストークス症候群との違いは、意識が戻ったあと、前者では、ぐっすりと眠っ
  た状態になるのに対し、後者では、急速に意識がはっきりしてくるということで
  す。

cba
ー スポンサードリンク −
 
 こころの病気
 
 脳・神経の病気
 
 脳血管系の病気
 
 血液の病気
 
 血管・リンパ管の病気
 
 甲状腺
 ・副甲状腺の病気
 
 ホルモン・代謝系の病気
 
 心臓・心筋の病気
 
 肝臓の病気
 
 胆道・胆嚢・膵臓の病気
 
 腎臓・泌尿器の病気
 
 気道・肺・胸郭の病気
 
 食道・胃
 ・十二指腸の病気
 
 小腸・大腸・虫垂
 ・肛門の病気
 
 男性性器の病気
 
 女性の病気
 
 妊娠
 ・妊娠にともなう病気
 
 アレルギーの病気
 
 膠原病・免疫系の病気
 
 皮膚・髪の病気
 
 骨・関節
 ・筋肉・腱の病気
 
 目の病気
 
 耳・平衡器官の病気
 
 鼻・咽喉の病気
 
 歯・口腔の病気
 
 感染症・寄生虫病
 
 

def
   
     
※ 姉妹サイトのページ「からだの仕組みと働き」へ

【ご注意】
 このホームページをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ このホームページは、医師による診療行為ではありません。
A このホームページでは、正確な情報提供を行うよう努めておりますが、診断、治療、その他医学的な情報は、 必ずしもすべての方に有効とは限りません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
C このホームページの情報を利用した結果生じる損害、不都合、不利益については、当方はその責任を一切負いません。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「病気と症状いろいろナビ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 病気と症状いろいろナビ All Rights Reserved