糖尿病

糖尿病

    病気と症状いろいろナビ    
 病気と症状いろいろナビ トップページ > ホルモン・代謝系の病気 > 糖尿病
 病気にかかると、診断と治療は医師の手に委ねますが、自分の身体の今の情報を医師に伝えるのは自分自身です。症状があっても
それを言葉に出して言えないとなにもなりません。また、今の症状からどんな病気が考えられるか、初診に適した科は何か、ある程度
わかると、対応も早くなります。「早期発見!、早期治療!」重い病気であればなおさらです。この「病気と症状いろいろナビ」では、病気
にはどんなものがあるのか、また、その症状はどのようなものなのかをご案内しています。このサイトをしっかりご活用頂き、少しでも
皆さまの皆さまご自身の健康管理にお役立て頂ければ幸いです。

糖尿病 (とうにょうびょう)

abc
ー スポンサードリンク −

糖尿病

初診に適した科 【内科】
【症 状】
多くは無症状(インスリン非依存型糖尿病)、多尿、口渇、多飲、多食、全身の
倦怠感、体重減少、神経障害、視力障害、歯の疾患、肥満、化膿、湿疹、陰部のかゆみ

【糖尿病とは】
糖尿病とは、糖代謝の異常から起こる病気(インシュリンの不足による代謝障害)で、持続性の高血糖と尿中への糖排出が特徴といえます。

この糖尿病には、インスリン依存型糖尿病とインスリン非依存型糖尿病がありますが、別の病気、例えば、慢性膵炎、急性膵炎、バセドウ病、クッシング症候群、先端巨大症、褐色細胞腫などから糖尿病が起こることもあります。

このうちインスリン非依存型糖尿病では、初期の段階では、無症状で経過しますが、早期発見が遅れると、多尿、口渇、多飲、多食、全身の倦怠感、体重減少、神経障害、視力障害(急に近視になる)、歯の疾患、肥満、怪我が化膿しやすくなる、湿疹ができやすくなる、陰部にかゆみを感じる、足のふくらはぎにこむらがえりが起こりやすくなるなどの症状があらわれます。

そして、神経症、網膜症、腎症、動脈硬化症などを併発し、重症になると、昏睡、脱水症を引き起こします。

※ インスリンとは、膵臓に点在するランゲルハンス島B細胞(β細胞)から分泌さ
  れるホルモン。血液中のブドウ糖(血糖)が、筋肉や脂肪組織の細胞に取り入
  れられるとき、このインスリンが促進的に働きます。
  ところが、インスリンの産生や分泌の不足、あるいはインスリンが十分に働か
  なくなると、血液の中にブドウ糖が溜まってきます。これが、糖尿病状態です。
※ インスリン依存型糖尿病は、特に子どもに多くみられますが、成人でも、このタ
  イプの糖尿病を発病することがあります。これは、ランゲルハンス島B細胞が
  障害され、インスリンをほとんど、またはまったく分泌しなくなって起こります。
  原因としては、ウイルス感染やウイルス感染に感染したあとに起こる自己免疫
  反応によるものと考えられていますが、今のところはっきりとしたことはわかっ
  ていません。
※ インスリン非依存型糖尿病は、遺伝的に糖尿病になりやすい体質の人に、肥
  満、運動不足、あるいは、西欧化した食生活などという誘因が重なって起こり
  やすくなります。糖尿病を発病した人の多くが、このタイプです。
※ インスリンとは反対に、血糖を上昇させる働きをするホルモンには、カテコール
  アミン、グルカゴン、成長ホルモンなどがあります。
※ 糖尿病は、早期に発見して治療に努めれば、健康な生活が可能です。
  しかし、努力を怠ると、重い合併症を引き起こします。

cba
ー スポンサードリンク −
 
 こころの病気
 
 脳・神経の病気
 
 脳血管系の病気
 
 血液の病気
 
 血管・リンパ管の病気
 
 甲状腺
 ・副甲状腺の病気
 
 ホルモン・代謝系の病気
 
 心臓・心筋の病気
 
 肝臓の病気
 
 胆道・胆嚢・膵臓の病気
 
 腎臓・泌尿器の病気
 
 気道・肺・胸郭の病気
 
 食道・胃
 ・十二指腸の病気
 
 小腸・大腸・虫垂
 ・肛門の病気
 
 男性性器の病気
 
 女性の病気
 
 妊娠
 ・妊娠にともなう病気
 
 アレルギーの病気
 
 膠原病・免疫系の病気
 
 皮膚・髪の病気
 
 骨・関節
 ・筋肉・腱の病気
 
 目の病気
 
 耳・平衡器官の病気
 
 鼻・咽喉の病気
 
 歯・口腔の病気
 
 感染症・寄生虫病
 
 

def
※ 姉妹サイトのページ「からだの仕組みと働き」へ

【ご注意】
 このホームページをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ このホームページは、医師による診療行為ではありません。
A このホームページでは、正確な情報提供を行うよう努めておりますが、診断、治療、その他医学的な情報は、 必ずしもすべての方に有効とは限りません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
C このホームページの情報を利用した結果生じる損害、不都合、不利益については、当方はその責任を一切負いません。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「病気と症状いろいろナビ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 病気と症状いろいろナビ All Rights Reserved