普通感冒とは?

普通感冒について、その概要・原因・症状などを記載しています。

呼吸器の病気ナビ
  呼吸器の病気ナビ TOP > 普通感冒
 この「呼吸器の病気ナビ」では、呼吸器の病気についての概要・原因・症状などを、できるだけわかりやすく
記載しています。 呼吸器の病気にはどんなものがあるのか、また、その原因や症状はどのようなものなのか、
初診に適した科はどこかなど、少しでも早く情報をつかんでいただき、みなさまご自身の健康管理・健康維持に、
この「呼吸器の病気ナビ」をお役立て頂ければ幸いと存じます。 なお、呼吸器の病気としては、かぜ邪症候群、
気管支炎、肺炎、肺化膿症、過敏性肺炎、気管支拡張症などを中心に掲載しております。

普通感冒(ふつうかんぼう)とは?・・・
「呼吸器の病気ナビ」

*****

スポンサードリンク

普通感冒とは?
【普通感冒】
普通感冒とは、ウイルスなどの病原菌の感染によって、上気道の粘膜に炎症が起こるというもので、特に鼻を中心として症状(急性鼻炎)があらわれます。
そのため、普通感冒のことを、「鼻かぜ」とよばれることもあります。
この普通感冒は、急性の炎症ですが、ふつう、一週間以内で軽くなります。
急性鼻炎には、花粉やダニ、カビなどで起こるアレルギー性のものもありますが、普通感冒の場合は、たいてい一週間程度で治りますし、
こじらせても声枯れや軽い発熱、扁桃腺の痛みがみられますので、アレルギー性のものとは区別することができます。
ただ、これらが合併することがあるので注意が必要です。

【原 因】
普通感冒にかかる原因としては、ほとんどがウイルスによる感染です。
ライノウイルス、コロナウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルス、エコーウイルスなどが挙げられますが、
多くの場合、ライノウイルスが原因で発症します。
このライノウイルスは、さほど体力が低下していない限り気道の深部まで移ることがほとんどないため、適切な処置さえ施されていれば、さほど怖い病気ではありません。
ところで、風邪を引き起こす直接の原因は、前述のようにウイルスが大きくかかわっていますが、そのウイルスが体内に入ってはびこらせる条件(環境)というものがあります。
その条件とは、次のようなものです。
ウイルスは低温の方が感染しやすいので、寒冷は、風邪をひく最大の誘発条件となります。
なお、夏かぜを起こすウイルスの場合は、温度よりも高湿度で発生するという特徴があります。
風邪を引き起こすウイルスの感染には、飛沫感染、飛沫核感染がありますが、寒い冬季に、職場や学校など窓を閉め切った部屋では、感染の確立が高まります。
一般にウイルスは、低湿度で活発になるため、暖房がきいた部屋などでは、ウイルスが活性化し、飛沫核感染の確立が高まってきます。
低温、低湿度になると、呼吸器に変化が起こり、ウイルスが気道を通過しやすくなるといわれています。
寒冷によって、からだを守る抗体やインターフェロンの産生が落ち、そのため、免疫力が低下して風邪を引き起こしやすくなります。

【症 状】
普通感冒にかかると、次のような症状があらわれます。
鼻粘膜の違和感からのくしゃみ、鼻水、鼻のつまり
喉の痛み、咳、発熱、頭痛
ウイルスによっては、腹痛、下痢などがみられることがあります。
高齢者の場合は、倦怠感、食欲不振などの全身症状があらわれます。

【予防対策】
普通感冒に対する予防には、次のような対策が必要です。
睡眠を十分とるようにしましょう。
日ごろから、適度な運動や乾布摩擦をして、からだを鍛えておきましょう。
汗をかいたら、下着をとりかえて、からだを冷やさないようにしましょう。
厚着を避け、活動しやすい服装にしましょう。
室内の換気と湿度には十分注意しましょう。
偏食しないように、バランスのとれた食事をしましょう。
特にビタミンC、Eを多く含む食品の積極的な摂取をこころがけましょう。
帰宅したら、うがい、手洗いを必ず行いましょう。

【初診に適した科】
 耳鼻咽喉科




***
呼吸器の病気のうち、気になるものピックアップ!
睡眠時無呼吸症候群とは? 睡眠時無呼吸症候群の
原 因
睡眠時無呼吸症候群の
症 状
睡眠時無呼吸症候群の
診断・検査
睡眠時無呼吸症候群の
治 療


呼吸器の仕組みと働きについて・・・
呼吸器の仕組み 呼吸器の働き


呼吸器の病気 (索 引)
かぜ症候群 普通感冒 インフルエンザ
急性気管支炎 慢性気管支炎 肺 炎
ウイルス性肺炎 細菌性肺炎 マイコプラズマ肺炎
クラミジア肺炎 嚥下性肺炎 肺化膿症
間質性肺炎 薬剤性肺臓炎 過敏性肺炎
塵 肺 肺線維症 肺結核
非結核性抗酸菌症 肺真菌症 気管支拡張症
肺気腫 嚢胞性肺疾患 低換気症候群
過換気症候群 無気肺 呼吸不全
肺血栓塞栓症 肺高血圧症 肺水腫
気 胸 胸膜炎 縦隔炎
縦隔気腫 縦隔腫瘍 しゃっくり

スポンサードリンク
*******
【ご注意】
このサイトをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ 当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
A 万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
なお、当サイトの内容・画像等の複製(コピーなど)はご遠慮願います。
Copyright (C) 呼吸器の病気ナビ All Rights Reserved