肺結核とは?

肺結核について、その概要・原因・症状などを記載しています。

呼吸器の病気ナビ
  呼吸器の病気ナビ TOP > 肺結核
 この「呼吸器の病気ナビ」では、呼吸器の病気についての概要・原因・症状などを、できるだけわかりやすく
記載しています。 呼吸器の病気にはどんなものがあるのか、また、その原因や症状はどのようなものなのか、
初診に適した科はどこかなど、少しでも早く情報をつかんでいただき、みなさまご自身の健康管理・健康維持に、
この「呼吸器の病気ナビ」をお役立て頂ければ幸いと存じます。 なお、呼吸器の病気としては、かぜ邪症候群、
気管支炎、肺炎、肺化膿症、過敏性肺炎、気管支拡張症などを中心に掲載しております。

肺結核(はいけっかく)とは?・・・
「呼吸器の病気ナビ」

*****

スポンサードリンク

肺結核とは?
【肺結核】
肺結核とは、結核菌が原因の感染症で、この肺結核は、過去の病気と思われがちですが、現在でも、新しい患者が毎年登録されています。
特に、子供のころ、結核菌が多い時代に育った40歳代以上の人は、肺結核が発病しないまでも、ほとんどの人が結核に感染しているといわれています。
ただ、結核菌のもつ毒性はあまり強くないため、結核菌が肺に定着し感染巣(コロニー)を作るまでには、かなりの年月がかかるのと、感染巣を作ってもその部分が石灰化して、多くは発病しません。
しかし、加齢や、糖尿病・肝臓病・腎臓病などの病気をかかえていると、体力の低下や薬剤の影響、精神的なストレスによって、閉じ込められていた結核菌が再び増殖を始め、新しい感染巣を作って発病することも考えられます。
結核菌は、1882年、細菌学者コッホによって発見されました。
日本では、明治初期まで、肺結核のことを労咳(ろうがい)とよんでいました。

【原 因】
肺結核発症の原因は、ほとんどの場合、肺結核患者の咳やくしゃみ、会話などからの飛沫感染(空気感染)によるものです。
飛沫感染による結核菌の感染後は、2〜8週間で結核菌に対する免疫がからだにできるので、多くの場合、感染巣は石灰化して、初感染は終息に向かいますが、からだの抵抗力が低下している場合は、感染した菌の量にもよりますが、発病(初感染結核症、一次結核症、小児結核、初期結核症など)することがあります。
また、初感染が一旦終息に向かっても、数十年後に、過労や栄養不良、加齢、妊娠などによる体力の衰え、また、糖尿病などの代謝性の病気やステロイド薬、抗癌薬による免疫力の低下などがあると、慢性結核症(二次結核症、成人型結核など)として再発します。

【症 状】
肺結核では、特に初期の段階では、ほとんど自覚症状はないといわれています。
自覚症状があるとしても、少し食欲がない、からだがだるくて疲れやすい、少し痩せてきた、眠れない、寝汗をかきやすい、肩がこる、少し寒けがする、微熱がある、息切れがするなど、ふつうの風邪症状などでみられる程度ですが、しかし、上記のような症状が3週間以上続くようであれば、肺結核が疑われます。
そして、肺結核が進行してくると、肺結核の五大呼吸症状といわれる咳、痰、胸痛(胸膜に病変がおよんだ場合)、血痰(喀血)、発熱がみられるようになります。
老人結核の場合は、若い人よりも症状のあらわれ方が遅いという特徴がありますが、息切れなどの呼吸困難の症状は、強くあらわれてきます。

【初診に適した科】
 内科/呼吸器科




***
呼吸器の病気のうち、気になるものピックアップ!
睡眠時無呼吸症候群とは? 睡眠時無呼吸症候群の
原 因
睡眠時無呼吸症候群の
症 状
睡眠時無呼吸症候群の
診断・検査
睡眠時無呼吸症候群の
治 療


呼吸器の仕組みと働きについて・・・
呼吸器の仕組み 呼吸器の働き


呼吸器の病気 (索 引)
かぜ症候群 普通感冒 インフルエンザ
急性気管支炎 慢性気管支炎 肺 炎
ウイルス性肺炎 細菌性肺炎 マイコプラズマ肺炎
クラミジア肺炎 嚥下性肺炎 肺化膿症
間質性肺炎 薬剤性肺臓炎 過敏性肺炎
塵 肺 肺線維症 肺結核
非結核性抗酸菌症 肺真菌症 気管支拡張症
肺気腫 嚢胞性肺疾患 低換気症候群
過換気症候群 無気肺 呼吸不全
肺血栓塞栓症 肺高血圧症 肺水腫
気 胸 胸膜炎 縦隔炎
縦隔気腫 縦隔腫瘍 しゃっくり

スポンサードリンク
*******
【ご注意】
このサイトをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ 当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
A 万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
なお、当サイトの内容・画像等の複製(コピーなど)はご遠慮願います。
Copyright (C) 呼吸器の病気ナビ All Rights Reserved