慢性気管支炎とは?

慢性気管支炎について、その概要・原因・症状などを記載しています。

呼吸器の病気ナビ
  呼吸器の病気ナビ TOP > 慢性気管支炎
 この「呼吸器の病気ナビ」では、呼吸器の病気についての概要・原因・症状などを、できるだけわかりやすく
記載しています。 呼吸器の病気にはどんなものがあるのか、また、その原因や症状はどのようなものなのか、
初診に適した科はどこかなど、少しでも早く情報をつかんでいただき、みなさまご自身の健康管理・健康維持に、
この「呼吸器の病気ナビ」をお役立て頂ければ幸いと存じます。 なお、呼吸器の病気としては、かぜ邪症候群、
気管支炎、肺炎、肺化膿症、過敏性肺炎、気管支拡張症などを中心に掲載しております。

慢性気管支炎(まんせいきかんしえん)とは?・・・
「呼吸器の病気ナビ」

*****

スポンサードリンク

慢性気管支炎とは?
【慢性気管支炎】
痰と咳を主な症状とする気管支の慢性的な炎症をいい(痰と咳が2年以上連続し、毎年3ヶ月以上継続する場合)、適切な治療を行えば問題はないのですが、放置し症状がすすむと、呼吸不全をともなう恐れもあるので注意が必要です。
また、この慢性気管支炎は、呼吸器だけでなく、蓄膿症(副鼻腔炎)や扁桃炎、胸膜炎などの病気を合併しやすいという特徴があります。
この慢性気管支炎は、男性、高齢者、喫煙者に多くみられます。

【原 因】
慢性気管支炎は、次のような原因の組み合わせで起こりやすくなります。
男性、加齢、遺伝的な体質
喫煙、窒素酸化物や亜硫酸ガス、オゾンなどの大気汚染
寒冷や湿度の低下による気道の防衛機構の低下
有害物質を扱う職業

【症 状】
慢性気管支炎の症状の多くは、痰と咳です。
病状が進行してくると、口唇や指・爪などが紫色になるチアノーゼや顔などにむくみがあらわれてきます。

【予防対策】
慢性気管支炎に対する予防策は、次のようになります。
禁煙が必要です。
室内の空気を、空気清浄機などを使ってクリーンにしましょう。
帰宅後、すぐに手洗いとうがいの励行。
過労、暴飲暴食は避けましょう。
栄養のバランスを心がけましょう。
息切れがある場合は、ぬるめの湯で入浴しましょう。

【初診に適した科】
 内科/呼吸器科/老人内科




***
呼吸器の病気のうち、気になるものピックアップ!
睡眠時無呼吸症候群とは? 睡眠時無呼吸症候群の
原 因
睡眠時無呼吸症候群の
症 状
睡眠時無呼吸症候群の
診断・検査
睡眠時無呼吸症候群の
治 療


呼吸器の仕組みと働きについて・・・
呼吸器の仕組み 呼吸器の働き


呼吸器の病気 (索 引)
かぜ症候群 普通感冒 インフルエンザ
急性気管支炎 慢性気管支炎 肺 炎
ウイルス性肺炎 細菌性肺炎 マイコプラズマ肺炎
クラミジア肺炎 嚥下性肺炎 肺化膿症
間質性肺炎 薬剤性肺臓炎 過敏性肺炎
塵 肺 肺線維症 肺結核
非結核性抗酸菌症 肺真菌症 気管支拡張症
肺気腫 嚢胞性肺疾患 低換気症候群
過換気症候群 無気肺 呼吸不全
肺血栓塞栓症 肺高血圧症 肺水腫
気 胸 胸膜炎 縦隔炎
縦隔気腫 縦隔腫瘍 しゃっくり

スポンサードリンク
*******
【ご注意】
このサイトをご利用頂くにあたって、下記をよくお読みになり、ご了承いただいた上でお役立て下さい。
@ 当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
A 万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
B 心身に不調をおぼえる方は、すみやかに医療機関での診療をお受けになることをお勧めします。
なお、当サイトの内容・画像等の複製(コピーなど)はご遠慮願います。
Copyright (C) 呼吸器の病気ナビ All Rights Reserved