多発性筋炎・皮膚筋炎

多発性筋炎・皮膚筋炎

    病気とからだナビ     
 病気とからだナビ トップページ > 全身の病気 > 多発性筋炎・皮膚筋炎
 病気にかかってはじめて、「あー、あの時に気をつけていればよかった!」なんてことを、事あるごとに思ったりしますが、そんなことに
ならないようにするためには、からだの仕組みや働きなどの知識を豊かにして、病気の成り立ちをよく理解することがまず肝要なことでは
ないでしょうか。この「病気とからだナビ」では、からだのことを少しでも知っておくと同時に、病気にはどんなものがあるのか、その症状は
どのようなものなのかを知識として利用できるように整理しています。病気にならないようにすることが一番、そして仮に病気にかかったとしても、すばやい対応ができるように、日ごろから病気とからだについて、頭の中で整理しておくことが重要だろうと思います。

多発性筋炎・皮膚筋炎(たはつせいきんえん・ひふきんえん)

abc
ー スポンサードリンク −

多発性筋炎・皮膚筋炎とは
 多発性筋炎とは、咽頭や手足などを動かす横紋筋(おうもんきん)が左右対称的
におかされ筋力低下などが起こる病気です。

この多発性筋炎に、浮腫性紅斑などの皮膚症状をともなうもの(特に上眼瞼部や
関節の伸展部にともなうもの)を、皮膚筋炎といいます。

ただ、多発性筋炎も皮膚筋炎も、筋病変の特徴に差がないため、現在は、「多発性筋炎・皮膚筋炎」の名称で同一疾患として扱われています。

なお、原因は、今のところはっきりしていませんが、なかには、肺癌や胃癌などの
悪性腫瘍、ウイルスなどの感染症、薬剤中毒などにともなって発症したり、腫種の
膠原病の際に共通の症状としてあらわれたりします。

主に5〜15歳と30〜60歳代で発病することが多く、また女性に多くみられます。

【症 状】
・急に発症することが多く、発熱や発疹、全身の倦怠感、関節痛、筋肉痛などの
 症状があらわれます。
・筋症状では、筋力の低下や筋肉の萎縮が起こり、歩行や物をつかむことが難し
 くなってきます。また咽頭や喉頭筋、心筋、消化管の平滑筋におよぶことがあり
 しゃべりにくい、物を飲み込みにくい、腹がはった感じ、便秘、不整脈などの症状
 があらわれることもあります。
 なお、筋肉は左右対称的に侵されていきます。
・皮膚症状では、目のまわりや前胸部、頸背部、手足の関節部などに紅紫色の
 発疹(浮腫性の紅斑)があらわれます。また色素の沈着や脱失、皮膚の萎縮
 などが起こります。

運動器(骨、関節、筋肉、靱帯、腱)のことが詳しくわかります!
「運動器の病気ナビ」

cba
ー スポンサードリンク −
 
も く じ
 
からだの
仕組みと働き
 
頭部の病気
 
胸部の病気
 
腹部の病気
 
全身の病気
 
女性の病気
 
 

def

ghi
からだの仕組みと働き
しんけい
神経
ホルモン
こうじょうせん
甲状腺
みみ
はな
くち
のど
咽喉
しんぞう
心臓
けつあつ
血圧
けつえき
血液
けっかん
血管
リンパかん
リンパ管
こきゅうき
呼吸器
しょうかかん
消化管
しょくどう
食道
じゅうにしちょう
十二指腸
しょうちょう
小腸
だいちょう
大腸
かんぞう
肝臓
じんぞう
腎臓
たんのう
胆嚢
すいぞう
膵臓
ひにょうき
泌尿器
だんせいのせいしょくき
男性の生殖器
じょせいのせいしょくき
女性の生殖器
にゅうぼう
乳房
ほね
かんせつ
関節
きんにく
筋肉
ひふ
皮膚
ひふのふぞくき
皮膚の付属器
からだのきかん
からだの器官
※ 医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
  免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
  万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
  あらかじめご了承ください。これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用くださいませ。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「病気とからだナビ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 病気とからだナビ All Rights Reserved